犬の餌は穀物不使用なフードが最適です

穀物を使っていないという安心感

 

ドッグフードの中には、穀物を一切使っていないという商品があります。

 

「グレインフリー」と呼ばれており、犬の健康にとってよいとされております。

 

だから、多くの飼い主さんがグレインフリーの犬の餌を求めているのです。

 

なぜ、グレインフリーのドッグフードが健康によいのか、詳しく説明していきたいと思います。

 

肉食動物なのに・・・犬の餌に穀物は不要です

 

犬は本来肉食動物です。犬の餌は動物性タンパク質を中心とした食べ物を食べる必要があります。犬の祖先がオオカミであることからも、肉が一番必要とされる食物であることはお分かりいただけると思います。

 

ただ、市販されている犬の餌には、最も多く利用されているのが穀物類です。トウモロコシ、小麦、大豆といった食品がメインとなっているのです。これらは植物性タンパク質であり、犬にとって消化が上手くできないものです。

 

食べることで、消化不良を起こしたりアレルギーになってしまう可能性があります。

 

それがわかっているのに、穀物が利用されているのはなぜでしょうか。これは簡単です。穀物類は原価が安く、長期保存がきくからです。

 

市販されているドッグフードは一袋の量が多く、そして値段も安くなっております。普段スーパーなどで購入されている方は、知らず知らずにうちに、愛犬にとって望ましくない食べ物を毎日与え続けていることになってしまうのです。

 

犬の餌はグレインフリーで高タンパク質

 

犬が必要とする栄養素を考えると、グレインフリーで高タンパク質なものが理想です。

 

だから、通販などで購入できる、ちょっと高級なドッグフードは、それを実現した商品が多く存在しております。

 

グレインフリーであることはもちろんですが、鳥肉やマトンなどの肉をふんだんと使い、高タンパク質であることも特徴の一つです。

 

商品によってはフードの50%以上で肉類を使用するなど、際立っております。もちろんそれだけではなく、ミネラルやビタミンなどバランスの良い配合となっております。

 

そして多くのものが、無添加であるため、より安全性が高い犬の餌になっております。

 

ワンちゃんが毎日を健康に、そして元気よく過ごすには、穀物を食べさせずに、肉を中心とした食事をすることが理想的です。

 

だから、もしドッグフードを毎日与えている方は、すぐにでもグレインフリーで動物性タンパク質がたくさん摂れるフードを選ぶようにしましょう。

 

穀物そのものが悪いというわけでは決してありません。ただ、犬にとっては消化が難しいものであり、あまり好ましくはありません。

 

生物学に基づいた理想的な食事を実現するには、グレインフリーのドッグフードを選ぶようにしましょう。

 

飼い主さんとしても、毎日与える食事に気を遣っていると思います。だからこそ、本来必要とする栄養素がしっかりと摂れるものを選ぶ必要があるのです。