犬の餌に最適なドッグフードはこれ!!

シニア犬の尿路結石とドッグフードの関係 おすすめの予防策

 

シニア犬になると尿路結石のリスクが上がる

 

尿路結石になる原因はいろいろありますが、その一つとして加齢という原因を挙げられます。

 

犬は年を取ると、全身の新陳代謝が落ちてしまうため、不要なミネラル分の排出がうまくいかなくなることがあります。

 

また、どうしても運動をするのを嫌がるようになりますので、ますます新陳代謝が落ちてしまうことになるんですね。

 

のどの渇きも感じることが少なくなるため、水を飲む量も少なくなり、おしっこの濃度が高くなってしまいます。

 

すると、結石ができる危険性が高くなるのです。さらに、内臓機能も落ちてきますので、尿を作る機能がうまくいかなくなり、

 

ペーハー値のコントロールや老廃物の排出が正常にいかなくなります。

 


ドッグフードのおすすめ教えます

 

 

毎日食べるドッグフードによってさらに病気のリスクが高まる

 

このように、ただでさえシニア犬は尿路結石になる可能性が高くなりますが、ドッグフードを正しく選ばないと、よりそのリスクが上がってしまいますので注意が必要です。

 

おしっこの中に含まれるミネラル分の濃度は、毎日の食事の栄養バランスがどのようなものかということによって大きく左右されますので、飼い主が配慮してあげなければなりませんね。

 

特に、シニア犬になると若犬ほどはミネラル分を必要としなくなりますので、シニア用のドッグフードに変えてあげることが重要です。

 

そうしないと、ミネラル摂取量が常に過剰になってしまって、病気のリスクを高めるだけです。

 

年齢に合ったドッグフードをあげるということが、おすすめの予防策の第一となりますよ。

 


ドッグフードのおすすめ教えます

 

 

水を多く飲むように工夫することがおすすめ

 

そして、水を飲む量を増やすことによって尿の濃度を下げて、結石ができるリスクを減らしていけます。

 

しかし、どうしても年を取ってくると飲む水の量が減ってきます。そこで、飼い主ができるだけ水をしっかりと飲んでくれるように助けてあげる必要がありますね。

 

たとえば、室内の温度が低いと寒さのために水を飲む意欲が湧いてきませんので、以前よりも室温をあげてみることができるでしょう。

 

また、ドッグフードをドライタイプではなくて、ウエットタイプにしてあげることもできます。

 

直接水を飲む量が変わらなくても、食事を摂る時に水分を摂取できるようになりますので、水分補給を効率よく行えるようになりますよ。

 


ドッグフードのおすすめ教えます

 

 

運動を意識してさせてあげるのがおすすめの予防策

 

さらに、運動をさせてあげることもおすすめの予防策です。シニア犬になると、筋肉が弱くなってしまうため、どうしても運動を控えるようになります。

 

しかし、運動が減ると新陳代謝が落ちてしまいますし、のどが渇きにくくなるので飲む水の量も減ってしまいます。

 

余計に尿の濃度が高くなる原因を作ってしまうことになりますので、病気のリスクが高まります。

 

それで、できるだけ運動に連れ出すように飼い主が意識することが大事です。

 

少しでも散歩の時間を長くするなどして、運動量を徐々に増やしてあげるようにしましょう。

 

また、室内でも室外でも、できるだけ飼い主が道具を使った遊びを一緒にしてあげるなどして、運動する機会を増やしてあげることもおすすめですよ。

 

ちょっとしたことでも、定期的に運動をするようになるとかなり効果が違います。尿路結石になるリスクは運動によってかなり減らせますので、試してみる価値が十分にあると言えるでしょう。

 


ドッグフードのおすすめ教えます

 

 

長生きしてもらうためにも飼い主が意識して努力する

 

大事なペットがずっと長く元気でいてもらうためにも、尿路結石という痛みが伴う病気で苦しむことがないように、飼い主がしっかりと病気について理解して、適切な予防策を採ることはとても重要です。

 

特に、この尿路結石は生活習慣によってリスクが大きく変化しますので、毎日の食習慣や運動などを見直して、健康的な生活を送れるように助けてあげましょう。

 


ドッグフードのおすすめ教えます