犬の餌に最適なドッグフードはこれ!!

ロイヤルカナンにはどのような悪い口コミがあるのか

 

メインの原材料が穀物なのが不安

 

ロイヤルカナンの悪い口コミには、たとえば「原材料に穀物が多く使われているのが不安」というものがあります。

 

なぜ穀物が多く使われているかというと、犬によっては動物性たんぱく質よりも消化の良い植物性たんぱく質の方がいいと公式が考えているからです。

 

しかし、当然飼い主によってはそれを全面的に信頼できないこともあります。

 

犬はもともと野生の狼と同じDNAを持つ肉食動物です。

 

そのため、基本的には植物性たんぱく質よりも、動物性たんぱく質の方が消化が得意な体になっています。

 

普通、ドッグフードが原材料に穀物を多くしている理由は商品のコストを下げるためです。

 

穀物はあらゆるドッグフードの原材料の中でも安価に仕入れることができるものなので、穀物の割合が多ければ多いほど商品の価格を安くすることができます。

 

ロイヤルカナンに関してはそのようにコストを下げる目的ではなく、あくまでも犬のことを考えて穀物を原材料に採用しているということなので、珍しいドッグフードと言えるでしょう。

 

しかし、穀物を犬に摂取させると消化不良やアレルギー、肥満のリスクを高めます。

 

その問題がどのように解決されているのかまでは詳しく提示されていません。

 


ドッグフードのおすすめ教えます

 

 

添加物を使っているのが不安

 

ロイヤルカナンの悪い口コミには「添加物を使っているのが不安」というものがあります。

 

添加物はすべてが危険というわけではなく、天然の添加物や一部の安全性が認められた合成添加物であれば使っていても問題ありませんが、中にはあまり良くないものもあります。

 

ロイヤルカナンにはどのような添加物が使われているかというと、たとえば「ソルビン酸カリウム」があります。

 

ソルビン酸カリウムは保存料の一種で、ドッグフードのカビ・細菌の繁殖を防ぎます。

 

人間用の食品にも普通に使われていますが、亜硝酸ナトリウムと反応すると発がん性のある危険な物質になります。

 

ロイヤルカナンでは人間用の食品の使用基準に合わせてソルビン酸カリウムを使っているので、人間用の食品と同等程度には安全性が保たれています。

 

それから「没食子酸プロピル」という添加物があります。

 

保存料の一種で、ドッグフードの酸化を防ぐ役割のある成分ですが、摂りすぎるとがんや肝臓病の原因になることがあります。

 

また、没食子酸プロピルと同じく酸化防止剤として「BHA」という添加物が使われています。

 

抗酸化作用が強く、ドッグフードの長期間の保存を可能としますが、その代わり発がん性だったり、ホルモンへの作用だったりと不安要素が多いです。

 


ドッグフードのおすすめ教えます

 

 

韓国産になるのが不安

 

ロイヤルカナンはフランスで製造されているドッグフードですが、近年韓国に新しい工場が建設され、そこでも製造が行われるようになるという発表が公式から出ています。

 

工場が建設されて実際に製造が始まった場合、原材料も韓国で調達されることから、完全な韓国産のドッグフードになることが分かっています。

 

韓国産だからといって必ずしも悪いものとは限りませんが、やはり食品の衛生問題が日本のニュースで取り上げられている分、消費者の印象は下がるでしょう。

 

特にヨーロッパはペットフード先進国ですし、品質に差が出る可能性があるのは否めません。

 

ちなみに韓国に工場を作る計画の目的は、アジアに効率的にロイヤルカナンを供給するためです。

 

そのため、韓国産のロイヤルカナンのほとんどはアジア人が購入することになり、日本人もその対象になる可能性があります。

 

今までフランス産のロイヤルカナンに満足していたユーザーは、口コミでこれを不安視しています。

 

中には韓国産になったらロイヤルカナンを買うのをやめるという人もいます。

 

このように日本では、韓国産に変わることに対するユーザーの批判の声が大きいため、公式がその声を聞けば韓国の新工場が完成しても、今まで通りフランス産のロイヤルカナンが日本に流通する見込みもあります。

 


ドッグフードのおすすめ教えます

 

 

嗜好性が思ったよりも良くない

 

ロイヤルカナンでは犬はドッグフードの見た目よりもにおいを重視するとして、においを良くして嗜好性を高める工夫をしています。

 

具体的にはドッグフードの1粒1粒の表面にフレーバーを使うことでにおいを良くしています。

 

また材料を細かく潰して食感をなめらかにしたり、フレーバーの脂肪を溶けやすいものにして固まらないようにしたりといった工夫もあります。

 

しかし、そういった嗜好性を高める工夫があるにもかかわらず、「嗜好性が思ったよりも良くない」という口コミもあります。

 

もちろん犬によって好みもあるので、たまたまロイヤルカナンが合わなかったというケースもあるでしょう。

 

ちなみにロイヤルカナンのフレーバーには動物性油脂が使われていますが、何の動物なのかが原材料に表記されていません。

 

人によっては何の動物由来の油脂なのかも含めて原材料に表記してほしいと思うこともあるでしょう。

 


ドッグフードのおすすめ教えます