犬の餌に最適なドッグフードはこれ!!

添加物が一切含まれていないドッグフードが長生きにおすすめ

 

添加物は長期的にワンちゃんの健康を害する

 

ワンちゃんに長生きしてもらうためにはドッグフードの選び方に注意を払うことです。

 

その中でもおすすめのドッグフードかどうかのポイントの一つに、添加物が一切含まれていないかどうかがあります。

 

添加物がたくさん含まれているものでも、今日明日に何か影響の出ることはないでしょう。

 

しかし年々体内に徐々にダメージが蓄積されていきます。

 

その結果、長く時間をかけて健康を害してしまう恐れもあります。

 

実は現在販売されているドッグフードの中には、添加物がたくさん含まれているものもあります。

 

ですから無添加やオーガニックフードのほうがおすすめです。

 


ドッグフードのおすすめ教えます

 

 

犬には法律の規制がない

 

私たち人間の食べ物の場合、添加物について厳しく制限する法律があります。

 

このため、健康を害するほどの添加物の配合されているものはないです。

 

ところがドッグフードについては添加物に関する法律はペットフード安全法など関連法気があるものの人間のそれと比較すると甘いのが現状です。

 

抜け穴もいろいろとあるので、添加物がふんだんに入っているフードがあるのも事実です。

 

実際人間の食べ物に入れることが禁止されている防腐剤でもペットフードの中に含まれていることもあり得ます。

 

「合成保存料」とか「酸化防止剤」と書かれていて、一般にはわかりにくい言葉が用いられることもありますが、実はこれが先ほど紹介した危険な防腐剤だったということも考えられます。

 

中には農薬よりも危険な添加物もありますので、ワンちゃんの飼い主の皆さんは注意したほうがいいです。

 

添加物は長期的に食べ続けると、人間でも健康を害する可能性があります。

 

ワンちゃんは私たち人間と比較すると、体ははるかに小さいです。

 

ということは同じ添加物を体に入れた場合、より大きなダメージを受けてしまいます。

 

ちなみに子犬だった場合、受けるダメージは成犬と比較するとさらに大きくなります。

 

その結果、発育不良を引き起こす危険性があります。

 

そして長く生きられなくなることも考えられるので、無添加のドッグフードを購入するのがおすすめです。

 


ドッグフードのおすすめ教えます

 

 

人間用の加工食品に含まれているものがワンちゃんにとって危険な場合も

 

人間用の加工食品の原材料を見てみると、ソルビン酸カリウムというものが含まれている場合もあります。

 

ソルビン酸カリウムは防腐剤の一種で、ナナカマドの木から抽出されたものです。

 

天然由来の成分なので、アメリカでは安全と認定されています。

 

しかしこの人間にとってそれほど危険性の高くない成分でも、ワンちゃんにとっては危険なケースがあります。

 

ですからドッグフードを選ぶにあたって、添加物にソルビン酸カリウムが使われているものはあまりおすすめできません。

 

ソルビン酸カリウムを摂取すると、肝臓障害を引き起こす恐れがあります。

 

子犬が摂取してしまうと、発育障害の原因になる可能性も考えられます。

 

またほかの食べ物の中に亜硝酸ナトリウムが含まれると危険です。

 

亜硝酸ナトリウムは発色剤の一種で、ソルビン酸カリウムと一緒に摂取すると化学反応を起こします。

 

その結果、エチニル酸という物質を作り出します。

 

エチニル酸は発がん性のある物質で、ワンちゃんの体内に入れるべきではないです。

 

このように人間が口にするものだからといって、すべてのものがワンちゃんにとって安全とは限らないので注意しましょう。

 


ドッグフードのおすすめ教えます

 

 

酸化防止剤のリスクを考えよう

 

長生きするのにおすすめのドッグフードを探すのであれば、酸化防止剤の含まれていないものを探すことも大事です。

 

酸化防止剤も防腐剤の一種です。

 

肉を食べるワンちゃんの場合、牛肉やチキン、ラム肉のような肉類をペットフードを通じて摂取することは大事です。

 

しかしこのような動物性たんぱく質の場合、しばらくすると腐敗してしまいます。

 

そこで酸化防止剤を入れることによって、この腐敗のペースをできるだけ遅らせる働きがあります。

 

ところがこの酸化防止剤、動物の健康面のリスクは非常に高いので注意しなければなりません。

 

酸化防止剤の中でもよく使われているのが、BHAとBHTです。

 

この両方には発がん性があるといわれているので、これだけでも十分ワンちゃんの健康リスクの高いことがわかるでしょう。

 

そのほかにも両者には染色体異常を引き起こす可能性が考えられます。

 

するともしこのワンちゃんが将来子供を作った時に、子犬に何らかの障害が起きる可能性が出てくるわけです。

 

またBHAの場合歩行失調や消化器出血、BHTも脱毛症や異常行動を起こすリスクがあります。

 

このように酸化防止剤は一見するとなかなかフードの品質を劣化させないのでいいような感じがするでしょう。

 

しかし長生きさせたいという側面で見ると、百害あって一利なしといっても過言ではないです。

 

防腐剤などの一切含まれていない無添加のものは、保存が大変かもしれません。

 

しかしワンちゃんとできるだけ長く一緒にいたい、健康でいてほしいと思うのであれば、無添加のドッグフードがやはりおすすめといえます。

 


ドッグフードのおすすめ教えます