犬の餌に最適なドッグフードはこれ!!

ワンちゃんの健康を保つために。安全なドッグフードとは。

 

家族の一員であるワンちゃんには健康でいてもらいたいと、飼い主さんはみな思っていると思います。

 

ワンちゃんの健康のために、生活習慣をもう一度見直してみませんか?

 

ワンちゃんの体質を体の内側から改善するには、ドッグフードの見直しが必要でしょう。

 

今与えている餌を自信をもって「毎日あげているこのドッグフードは安全だ」と言えるでしょうか?

 

大好きなワンちゃんには安心してドッグフードをあげたいですよね。一緒に、どのようなドッグフードを選んではいけないか、そして選べばいいのか、チェックしてみましょう!

 

健康は、まずは食からです!

 


ドッグフードのおすすめ教えます

 

 

安易なドッグフード撰びの危険性

 

危険なドッグフードには、ガンやアレルギー症状を誘発する原材料が使われています。

 

注意しなければならないのは、「4D」と「危険な添加物」です。

 

「4D」とは畜殺場廃棄物のことを言います。

 

「Dead」(死んでいる)
「Dying」(死にかけている)
「Disabled」(不具合)
「Deseased」(病気である)

 

ものを指しています。

 

これらはある標準を満たさず、人間が食べられないものです。

 

しかし、そのようなものがドッグフードに使われていることがあります。「4D」はメーカーによって表記が異なり、「…ミール」、「…副産物」、「…粉」と記されています。

 

次に、「危険な添加物」とは一体何でしょうか?合成着色料や酸化防止剤などの中には、体にダメージを与えるものが含まれる場合もあります。

 

ドッグフードに使われている気を付けなければいけない添加物は、具体的には、犬の健康上危ないと言われている「エトキシキン」、肝臓障害を引き起こす「没食子酸プロピル」、

 

発がん性物質が生じる「亜硝酸ナトリウム」などがあります。

 

その他に注意しなければならないのは「穀物」が入っていないことが重要です。

 

ワンちゃんはもともと肉食なので、穀物類が多く含まれると効率よく消化吸収できず、体内で老廃物となってしまいます。

 

このような危険を回避するためにも「無添加タイプ」、「4D」や内臓系が含まれていない、低カロリーの安全なドッグフードを選んであげると良いでしょう。

 

しかし、市場にはさまざまなドッグフードが溢れています。その中からお勧めのもの、文句のつけどころがない完璧なドッグフードとして愛犬家たちがワンちゃんにあげたいと思う評判のいいものを記したいと思います。

 


ドッグフードのおすすめ教えます

 

 

モグワンドッグフードは酸化防止剤としてビタミンEが配合され、100%無添加で着色料・保存料は使っておらず、

 

グレインフリーです。ワンちゃんの健康に必要な動物性たんぱく質を50%以上も配合した、高タンパクなドッグフードで、

 

そのタンパク源として新鮮なチキン生肉と生サーモンが使われています。サーモンに含まれるオメガ3必須脂肪酸には、抗酸化作用や免疫力アップの効果があります。

 

お肉とお魚の両方が入っていることで、より良質な栄養素を摂取することができます。

 

また、モグワンは高タンパク・栄養満点なフードであるだけではなく、原材料のフレッシュさにもこだわっています。

 

私たち人間も食べられるようなレベルです。低カロリーで、犬種や成長ステージを問わず、どんなワンちゃんにも与えられます。

 

またモグワンと同様に、酸化防止剤としてビタミンEが配合され、無添加、グレインフリーであるカナガンドッグフードもおすすめです。

 

骨抜きチキン生肉26%、乾燥チキン25%が入っています。

 

カナガンに使用されているチキンは、「平飼いチキン」と呼ばれる自由な環境で育てられたチキンのため、普通のチキンより断然おいしいとのことです。

 

美味しいお肉たっぷりのカナガンは、全年齢・全犬種対応しています。カナガンは、ワンちゃんの食いつきもとてもよく、「今までカリカリに見向きもしなかったのが信じられない」と、多くの飼い主さんたちも驚いています。

 


ドッグフードのおすすめ教えます

 

 

もう一つ評判がいいのが、ファインペッツドッグフードです。

 

酸化防止剤にはローズマリーを使用しており、無添加です。穀物にはオートミール・大麦・全粒米が使用されていますが、トウモロコシや小麦と比べると、アレルギーになる割合は少なく、安心です。

 

特にオートミールは食物繊維・ビタミン・ミネラルが多く含まれており、栄養価が高いです。

 

主原料には鹿肉、鶏肉、鮭肉を使用し、肉類原材料の割合は70%にもなります。

 

もちろん、低品質のお肉や添加物は一切使用されていません。ファインペッツドッグフードは粒の大きさを大粒(薬12ミリ)・小粒(約5ミリ)の2種類から選ぶことが出るので、

 

小型犬には小粒のものを選んであげると良いでしょう。

 

以上のような良質のドッグフードを与えてあげると、食いつきも良く、1か月程度で毛艶が良くなり、肌荒れや抜け毛などのアレルギー症状も改善されます。

 

ワンちゃんの体の内側から体質改善してあげることで、ドロドロの老廃物が原因となっている涙やけや涎やけの症状も緩和します。

 

特に小型犬は、添加物などの影響を受けやすいと言われています。食事を変えることで、1か月?3か月程度で効果が表れるので、

 

まずは一定期間だけでも、新しいドッグフードを試してみてはいかがでしょうか?

 


ドッグフードのおすすめ教えます