犬の餌に最適なドッグフードはこれ!!

ペディグリー、個人的にはありだと思っています

実は、ペディグリーは自分で進んで購入しようとなかなか思えないドッグフードでした。

 

何故ならば表記されている言葉に曖昧な点が多いためです。

 

例えば原料の欄を見ても穀類とだけ記されていて、実際に何の穀類が使われているのかが分かりませんし、肉類についても「ビーフ等」という表現になっているので、他にどんな肉が使われているのか分からず、ずっと敬遠していたんです。

 

そんなペディグリーをなぜ購入したのかというと、信頼している友人に強くすすめられたためです。

 

それまでに我が家で購入していたドッグフードは、人間が見る限りは栄養価が高く信頼できる品だったのですが、料金の高さがネックになっていて、しかも犬自身もあまり積極的に食べているようには見えませんでした。

 

そこで30年以上も犬を飼い続けている友人に相談を持ち掛けたところ、「良いドッグフードだよ」と実体験を交えて紹介してくれたのがペディグリーだったというわけです。

 

ドッグフードを変更するのは、ペディグリーが2回目でした。

 

1回目の変更のときにはかなり苦労しましたし、半年ほど与え続けている現在でもどうもしっくり来ていない様子なので、また慣れるまでに苦労してしまうんだろうなと思っていましたが、信じられないことにペディグリーは初回から勢いよく食べています。

 

今までに食べさせてきたドッグフードよりもおいしそうな勢いで食べており、なるほど経験豊富な人が勧めるだけのことはあるドッグフードなんだなということを理解しました。

 

もう一つ気になっていたのは着色料ですね。青2、赤102など色々な着色料が使われています。

 


ドッグフードのおすすめは?

 

私はこれについて気にするタイプで、子供が小さい頃によく欲しがった着色料がたっぷりで騒がしい色のお菓子も「食べたらダメだ」と規制していたほどだったので、抵抗がありました。

 

ただ、実際に与えるようになってみるとマイナスポイントばかりではなさそうです。着色料のおかげでドッグフードが分かりやすく色付けされていて、その点にも犬は興味を示し、美味しく食べる要因の一つになっているようです。

 

原材料からはマイナスポイントがいくつか見えますが、いざ食べさせてみると健康に悪影響が出ている様子は全く見られませんし、動物病院で検査しても以前と数値は全く変わりません。

 

むしろ筋肉質になったことを褒められているほどで、たっぷり食べてくれることで体に好影響を与えているようです。

 

料金もだいぶ安くなりましたし、心配する方もおられるでしょうが、個人的にはありなドッグフードだと思っています。

 


ドッグフードのおすすめは?