犬の餌に最適なドッグフードはこれ!!

食が細く偏食な愛犬が現在たどり着いたドッグフード

我が家には現在9歳になるヨークシャーテリアは、あまり食に興味がありません。以前掛かりつけにしていた動物病院で1歳の時に心臓病と診断され、その時から心臓病用のドッグフードを食べる事で症状を抑えたり平均寿命まで生きる事ができるといわれたため、獣医さんの勧めで食べさせてきました。

 

ある時、ひょんなことから他の動物病院に行く切っ掛けがあり健康診断を受ける事になりました。

 

その時に、愛犬は心臓には異常がないと言われて驚きました。

 

その時、良かれと思って食べさせていた心臓病用ドッグフードとは、かなり酷い心臓疾患の犬が食べるドッグフードだったらしく味や香りも最低限に抑えられているフードと言われました。
もしかしたら、愛犬はそのフードを無理やり食べさせていたせいで食に興味が無いのかなと思い始めました。

 

 


ドッグフードのおすすめは?

 

それからは、健康診断をしてもらった動物病院を掛かりつけにして、病院を変えて様々な事に詳しかったり熱心に診てくださる獣医さんの元で愛犬の健康管理をしています。

 

現在の獣医さんはドッグフードの事に関してかなり色々な知識を持っていて、その子、その子に合ったタイプをまず、サンプルをいくつか分けてくれて、いろいろ試してから一番食べてくれるドッグフードを購入する感じにしてもらっています。

 

愛犬の場合は、身体が他のヨークシャーテリアの中でも小さい方なので、小粒サイズの物が食べやすいようです。あとは臭いにも敏感なため愛犬が好んだドッグフードはロイヤルカナンのセレクトスキンケアでした。

 

かなり小粒サイズなので食べやすいみたいです。

 

ただ、今年に入ってからそのドッグフードもあまり食べてくれなくなってしまいました。

 

私なりに、市販の犬用のふりかけをかけたり工夫をしましたが、愛犬は嫌がるようになり、困っていました。

 

そんな時、獣医さんに相談してみると、味に飽きたのかもしれないという事で、また愛犬が好きそうな小粒サイズのフードのサンプルをいくつか試してみました。

 

そうすると、パピー用に作られたかなり小粒サイズの物が気に入ったみたいですが、それは成長期の子犬が食べる物なので、栄養面を考えると成犬の愛犬には言いわけはないので今まで食べていたドッグフードにちょっと足してあげる事になりました。

 

そう言っていた矢先に、先日愛犬は突然オシッコが出なくなり膀胱結石という事が分かり治療を開始しました。その治療にはドッグフードで膀胱に出来た石を溶かす事をしていかないといけなくなったため、現在は、ロイヤルカナンのphコントロールという膀胱結石の療養食にふりかけをかけて食べていいます。

 


ドッグフードのおすすめは?