犬の餌に最適なドッグフードはこれ!!

飼い犬に与える餌について

私が飼い犬に与えているライフステージ別のドッグフードについてご紹介します。

 

飼い犬の餌のドッグフード選びで悩んでいる飼い主さんは参考にしてみてください。

 

私が飼い犬に与えている餌・子犬用

 

私は子犬の頃から犬を飼っています。子犬は見た目が愛らしくて、見ているだけでも癒されますよね。

 

子犬の健康を守るためにも、正しい餌を与えなければなりません。子犬の頃から餌をしっかりすると、大人になったときも立派な体型の犬に育ちます。

 

子犬用の餌を選ぶときは、子犬用のドッグフードを与えると良いと思います。子犬はまだ消化器官が発達していないので、成犬用のドッグフードを与えると消化しきれなくてお腹を壊してしまいます。そうならないためにも、必ず子犬用を選ぶようにしてください。

 


ドッグフードのおすすめは?

 

子犬用のドッグフードの栄養素で注目したいのは「動物性たんぱく質」です。動物性たんぱく質は腸を綺麗にしてくれる作用があるので、子犬には積極的に与えてください。

 

子犬用のドッグフードには、これから成長をするために必要な栄養素が豊富に含まれています。そのため、成犬が食べてしまうとカロリーオーバーになってしまいます。子犬用のドッグフードはカロリーが高いので、成犬が食べると肥満の原因になります。必ず子犬には子犬用のドッグフードを食べさせるようにして、成犬には成犬用のドッグフードを与えてください。

 

子犬は餌が硬いを食べにくいので、場合によっては水分で柔らかくして与えてみてください。

 

私が飼い犬に与えている餌・成犬用

 

子犬の時期が終わったら、いよいよ成犬用の餌を与えましょう。成犬用の餌は様々ですが、犬はたくさん餌を食べる癖があります。犬にとって餌を食べる時間は大変嬉しいことですし、餌を美味しそうに食べているところを見るとこちらも嬉しくなりますよね。でも、与えすぎになると肥満になってしまいます。餌を与えるときは量に気を付けてください。

 

成犬用のドッグフードは種類も豊富なので、飼い犬の好みに合わせたものを食べさせるのも良いと思います。気に入ったドッグフードを食べると犬も満足してくれるでしょう。

 

成犬用のドライフードは長期間保存をすることが出来ます。しかし、管理体制が甘いとドライフードでも痛んでしまうので、ドライフードが残った場合は空気が入らないように密閉して保存してください。

 

成犬用のドライフードには「インドアタイプ」と「アウトドアタイプ」のものがあります。これは室内犬用と屋外犬用のドッグフードです。運動量が少ないインドアタイプの方がカロリーが抑えめになっています。逆にアウトドアタイプのドッグフードは、たくさん運動する犬向けなので、カロリーが高くなっています。与えるときはこの2種類に気を付けて与えるようにしてください。

 


ドッグフードのおすすめは?