関節ケアに最適な犬の餌は?

犬の餌選びで関節ケアも考える必要がある場合

 

 

 

犬も、年齢とともに、関節痛に悩まされることがあります。

 

かつては、大型犬がよく関節炎にかかってしまうという話は聞きましたが、ここ最近は小型・中型問わずに関節に何かしら問題を抱える犬が増えてきております。

 

それを解消するためには、犬の餌を変えるという手段があります。

 

犬の餌を変えることで、関節にどんな影響があるのでしょうか。

 

 

<関節の疾患はなぜ起きるのか>

 

 

そもそも関節に何かしら問題を抱えてしまうのは、何が原因でしょうか。それは、老化によって関節を繋いでいる軟骨が弱くなってしまうことが主な原因です。

 

ただ、他にも運動不足によるもの、外傷によるものもあります。そしてもっとも気にしなければならないのが、肥満による関節炎です。

 

体重が重くなると、足の関節に過度な負担がかかってしまい、それが原因で関節に何かしらの疾患を抱えてしまうのです。

 

肥満は、血液の循環の悪化、内臓器官などの不調なども起こりやすくなるだけではなく、関節などにも悪影響を与えます。

 

つまり、まだそこまでの年齢になっていないにも関わらず、動きがにぶくなったり、上手く走れないなどの現象が見られる場合は、関節の不調を疑った方がよいでしょう。

 

 

<犬の餌を切り替える事による解決>

 

 

では、犬の餌を変えることで、どのように関節の疾患を解消することができるのでしょうか。それは、関節によいとされる栄養素が入っているものを選ぶことです。

 

例えば、グルコサミンやコンドロイチン、これらは関節の動きに必要な軟骨成分が入っております。それらを摂ることで、自然と関節の動きもスムーズになるのです。

 

人に対しても、高齢の方のために、グルコサミンやコンドロイチンが配合されたサプリメントが販売されております。

 

どうしても年齢を重ねるごとに関節が悪くなるのは仕方がありません。だからこそ、良いとされる栄養素をしっかりと摂ることで、ケアをしていく必要があるのです。

 

また、犬の餌で関節ケア対策するのであれば、筋肉を強くするということも考えなければなりません。

 

関節周りの筋肉をつけることで、幹部への負担を減らし疾患を防ぐことができます。

 

それには、タンパク質がたくさん摂ることができる食事が必要です。つまり、肉を中心とした原材料になっている犬の餌を選ぶことで、関節系の悪化を防ぐことができるのです。

 

もし犬がだんだんと歳をとってきて、いわゆるシニア犬となるぐらいから、関節のケアに気を配るようにしましょう。

 

それには、毎日食べるドッグフードを変えるだけで、十分な対策ができます。

 

関節系の不調にならないように、最適な犬の餌を与えるようにしましょう。

 

関節ケアにも最適なドッグフードはこちら → 犬の餌に最適なドッグフード