犬の餌に最適なドッグフードはこれ!!

犬の餌の選び方は?

 

犬の餌の選び方についてのお話です。

 

 

犬の餌を購入する時に、どんな事に注意しなければいけないかを、わかりやすく紹介しています。

 

 

愛犬に与える餌選びで悩んでいる方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

 

 

 

犬の餌 ドッグフード top

 

 

 

犬の餌選びのポイント

 

ドッグフードを与えるのであれば、必ず無添加のものを与えるようにするのがおすすめです。

 

 

なぜ無添加のものがよいのか、それは市販されている安価なドッグフードには危険なものがたくさん入っているからです。

 

 

どういった危険性があるのか詳しく紹介していきます。

 

 

 

安い犬の餌は食い付きをよくさせるために添加物が大量に含まれている

 

 

 

安いものには理由がある、と言いますがドッグフードにもそれは言えることです。

 

 

価格が安い理由は、原材料に粗悪なものを利用しているからです。

 

でも、粗悪なものであればいくら犬といえどもなかなか食べてはくれません。

 

 

そこで利用するのが添加物です。

 

 

例えば、化学調味料で味付けしたり、香料でいい匂いをさせたり、着色料で美味しそうな見せたりと、安い商品ほど添加物まみれです。

 

 

こうした添加物は、体に悪いことで有名です。発がん性物質となってしまったり、アレルギーや各種生活習慣病の元となってしまいます。

 

 

粗悪な原材料と併せて危険な添加物を口から入れ続けているのですから、たまったもんではありません。

 

 

一見、食い付きがよいためよさそうにも思えますが、食べる度にワンちゃんをむしばんでいることを認識しましょう。

 

 

 

犬の餌は素材の栄養を十分に摂取できるドッグフードにしましょう

 

 

 

犬の餌選びで最適な無添加のドッグフードは、先ほど紹介したような添加物は入っておりません。

 

 

だからといってワンちゃんの食い付きが悪い訳ではありません。

 

 

むしろガツガツ食べてくれます。

 

 

これは素材本来のおいしさを味わえるからです。また犬の身体に余計な素材や成分が含まれていないので、本来の栄養素をしっかりと摂取することができます。

 

 

健康面を考えるのであれば、やはり無添加のドッグフードしかありません。

 

 

そこで、犬の餌におすすめな無添加のナチュラルフードを比較しやすい様にランキング形式で紹介します。

 

 

参考にしてみてください。

 

 

犬の餌 ドッグフード middle

 

 

犬の餌に最適でおすすめな無添加ドッグフードランキング

 

ドッグフードのおすすめをランキングでご紹介します。

 

評価 : 

 

カナガンが優れているのは高タンパク質であること、そしてグレインフリーであることです。高タンパク質なのは、鳥肉をふんだんに利用しているからです。
 
なんとドッグフードの50%以上がチキンで占められております。
 
また、穀物を一切利用していないことも大きな特徴です。
 
穀物は犬にとって消化の悪い食べ物ですが、それを使っておりません。
 
代わりにサツマイモが入っているなど、消化のよいフードになっております。
 
ミネラルやビタミンなどバランスよく配合しており、総合栄養食として非常に優れております。

 

 

ネルソンズ

評価 : 

 

カナガンと同じように、チキンをふんだんに使った高タンパク質のフードです。
 
こちらもグレインフリーなので、消化不良やアレルギーの対策になります。
 
ただカナガンと比べて少しカロリーが高いこと、そしてカナガンは全年齢対象なのに対して、こちらは7カ月?7歳までと少し範囲が絞られるのが残念。

 

オリジン

評価 : 

 

新鮮なお肉をたくさん使い、高タンパク質です。
 
また、添加物を一切使っていないため、安心して与えることができます。
 
こちらもグレインフリーなので、穀物アレルギーのワンちゃんでも大丈夫です。
 
栄養面や品質は上位二つと遜色はないのですが、気になるのが値段です。
 
カナガンやNDFに比べてちょっとコストがかかってしまうのが難点かと。

 

犬の餌 ドッグフード  bottom